層雲峡温泉から足を延ばして「江丹別・Chirai」の極上フレンチランチ(北海道旭川市) – 温泉会議
連載:
北の湯から南の湯から。日本全国の温泉を繋ぐ「湯戸端会議室」。温泉に浸って地元のレアな話が聞きたくなったら、この場所へお立ち寄りください。

層雲峡温泉から足を延ばして「江丹別・Chirai」の極上フレンチランチ(北海道旭川市)

フォトライター・通訳アテンダント

11月、紅葉が日本一早いことで知られる「大雪山国立公園」に位置する温泉郷「層雲峡温泉」で、晩秋の北海道を肌で感じる温泉ステイを満喫しました。その温泉ステイにより優雅な彩りを添えたのは、ドライブで足を延ばした旭川市の極上でカジュアルなフレンチです。

道央最大の温泉郷「層雲峡温泉」

北海道の中央に位置する旭川市の東、約65km(約1時間5分)、札幌からは約200km(約2時間40分)に位置する「層雲峡温泉」は、大雪山国立公園の雄大な渓谷にある温泉郷です。

7月の層雲峡温泉 写真:層雲峡観光協会提供
層雲峡温泉 氷瀑まつり

宿泊施設の多さや壮大かつ美しい自然景観、そして町を上げて催される「層雲峡温泉 氷瀑まつり」などのイベントも人気があり、層雲峡温泉を知る人は少なくないと思います。

層雲峡温泉の泉質は、単純硫黄泉や単純硫黄泉・単純温泉・炭酸塩泉の混合泉、ナトリウム-炭酸水素塩泉など。
ほのかな硫黄が香る無色透明の温泉水は、つい長風呂になってしまう心地よさです。

冬の露天風呂(層雲閣MOUNTAIN RESORT 1923)写真:層雲峡観光協会提供

9月に入ると徐々に紅葉が進む日本一紅葉が早いエリアに位置する層雲峡は、11月ともなると雪景色が見られるようになります。
“紅葉を眺めながら楽しむ湯浴みシーズン”の次は、”雪とともに露天風呂を満喫できるシーズン”が到来します。
寒風のなか、層雲峡温泉を露天風呂で楽しむ時間はいつにも増して”温泉”のありがたさを感じる格別な時間です。

    層雲峡温泉
    住所:北海道上川郡上川町層雲峡
    泉質:単純硫黄泉、単純硫黄泉・単純温泉・炭酸水素塩泉の混合泉、ナトリウム-炭酸水素塩泉
    泉温:約57℃~97℃
    URL:https://sounkyo.net/
     

    層雲峡温泉から足を延ばして旭川市江丹別へ

    今回、2泊3日で層雲峡温泉に滞在。
    層雲峡温泉で行きたい飲食店はいくつもありますが、思い切って滞在2日目にドライブがてら旭川市江丹別(えたんべつ)へ。

    層雲峡の温泉でリフレッシュするなら、札幌からはなかなか行けないお店、車を飛ばしてでも行きたいお店が江丹別にあるからです。
    それがフレンチを提供している「Chirai」(チライ)です。

    カラマツとシラカバの林。晩秋の江丹別で。

    「Chirai」とは、アイヌ語で「イトウ」という意味。イトウは北海道にのみ生息し、”幻の魚”といわれています。
    実は「Chirai」のオーナーシェフはイトウ釣りの名人で、イトウ釣りにぴったりの環境がある自然豊かな江丹別へ移住し、レストラン・カフェ「Chirai」をオープンしました。

    江丹別と江丹別の青いチーズ
    “江丹別”は、道央道・旭川鷹栖ICから30分ほどのところにある旭川市の町で、”江丹別そば”や”江丹別の青いチーズ“で知られています。特に”江丹別の青いチーズ”は、ANAやJAL国際線ファーストクラスの機内食に採用されたことなどで全国的に知られるようになり、近年はその人気から、手に入れることが難しいチーズになっています。
     

    地元食材がふんだんなChiraiのランチコース~「春楡」

    それでは”Chiraiのランチメニュー”をご紹介します。

    ランチタイムは、3種類のコースとワンプレーとランチ、Chirai特製カレーなどがあります。今回ご紹介するのは、ランチコース「春楡」(はるにれ)。

    Chiraiランチメニュー
    ・Lunchコース「白樺」(前菜・メイン・デザート・パン)2,200円
    ・Lunchコース「春楡」(アミューズ・前菜・スープ・メイン・デザート・パン)3,600円
    ・シェフおまかせLunchコース 6,000円
    ・Etanbetuワンプレーとランチ(パン・江丹別の青いチーズ等地元食材と旬の食材の盛り合わせ)2,000円
    ・Chirai特製カレー 1,400円
    ・Chirai特製カレーセット 1,900円


    北海道の美味しさを代表するような美味しさを写真でご堪能ください。

    Lunchコースのアミューズ

    最初のひと皿、”アミューズ”は、ハニーチーズトースト、鶏もも肉のバロティーヌ、スペイン産チョリソー。
    なかでもハニーチーズトーストは、ここ、旭川市江丹別で作っている大人気の「江丹別の青いチーズ」を使っている一品。

    単独でも美味しいブルーチーズとハチミツの絶妙なバランスは、ひと口食べた瞬間から、「来てよかった!」と思う味です。
    最初のアミューズからこの美味しさで、この先どのような江丹別グルメなお料理が出てくるのか、期待いっぱい。

    本日の旬の前菜

    次に登場したのは、「本日の旬の前菜」。
    アミューズから感激のひと皿でしたが、前菜は彩も美しい「余市産ヒラメのサラダ」。

    プリプリの北海道余市産ヒラメとジューシーな野菜が散りばめられたみずみずしいサラダで、ソースのおいしさのほか、写真では隠れて見えませんが、スパイスが利いたポテトピュレもおいしさのアクセントになっています。

    見ても食べても楽しめる前菜です。

    かぼちゃポタージュとチーズクルトン

    この日のスープは旬のかぼちゃ。「かぼちゃのポタージュ」は、自然な甘みと風味がやさしい滋味深い味ですが、そこに浮かんでいるクルトンは、なんとチーズ。

    しかもこのチーズは、江丹別特産「江丹別の青いチーズ」!
    これでもか!というほど贅沢なサイズのチーズクルトンがやさしい味のかぼちゃポタージュに濃厚なアクセントをつけて、どちらも味を引き立て合っています。

    贅沢過ぎるポタージュは、食べているそばから「また食べたい」と思うひと品。

    amanさんのライ麦パン

    ポタージュともいただきたい「ライ麦パン」は、Chiraiの敷地内にある人気ベーカリー「aman」のパン。

    ライ麦パンのほろほろとした食感と素朴な味わいは、ポタージュにもぴったり。
    ポタージュに浸していただきながら、最後は一滴も残さずライ麦パンでぬぐってポタージュを完食しました。

    Chiraiワイン・赤

    チーズクルトンを口にし、どうしても欲しくなったのはワインです。この日は運よく(?)ドライバーではなかったので、「Chiraiワイン」の赤(グラス600円)をいただきました。
    カヴェルネソーヴィニヨンです。

    赤ブドウジュースをホットで。

    もしドライバーだとしても、ソフトドリンクに、まるでワインのような「赤ブドウジュース」や「白ブドウジュース」(各400円)があり、コールドでもホットでもいただけるので、ワイン気分でこちらを楽しめます。

    余談ですが、「レモネードソーダ」や「シソソーダ」など、自家製ソフトドリンクもあり、この自家製ドリンクがまたおいしくておすすめです。

    メインの「もち豚ロースト」

    そして訪れたメインの時間。
    この日は「もち豚ロースト」です。

    山椒や八角を利かせた中華風赤ワインのソースとやらわかいもち豚は、グリルした白菜や椎茸のフリットなど、たっぷりの野菜の付け合わせと一緒にいただきます。

    ソースも野菜の甘みも口のなかでジュワっと広がり、もち豚の旨味も肉のやわらかさとともに口のなかで染みわたっていくようです。

    キャラメルリンゴのジェラートとバスク風チーズケーキ

    デザートもまた、豪華な盛り合わせでした。
    ジェラートは、江丹別の青いチーズを作るミルクと同じ伊勢ファームのミルクを使ったキャラメル風味のリンゴが入ったジェラート。

    さらに”江丹別の青いチーズ”を使ったバスク風チーズケーキをフルーツとラズベリーカラメルソースとともにいただくという豪華なラインアップ。

    のどかな江丹別で、繊細な味のフレンチを心行くまで堪能し、帰り道はおいしさの余韻に浸りながら、豊かな自然の景色で癒されて一路層雲峡温泉へ。

    森を感じるChirai

    カフェ&レストランChirai(旭川市江丹別)

    自然環境豊かな道北の上川エリアに位置する層雲峡や旭川市江丹別ですが、Chiraiでは、そんな豊かな森を象徴するようなアイテムがお店のあちこちに見ることができます。

    江丹別産白樺のカウンター
    木のぬくもりを感じるカフェ・レストラン「Chirai」

    店内は、木のぬくもりを感じるウッディな素材にあふれ、なかでも象徴的なのは、江丹別産の白樺でできたカウンターです。
    オープン時、地元の人をはじめ多くの人と一緒に江丹別の森から切り出した大きな白樺を使っているそう。

    Etanbetuワンプレートランチ

    また、「Etanbetuワンプレートランチ」を彩り、バラエティに溢れる料理を演出しているのも白樺の幹。
    自然の豊かさを料理を通じてはもちろん、お店全体から感じるのがChiraiです。

    Chiraiでしっかりと心と体に栄養を行きわたらせ、層雲峡温泉のエネルギーたっぷりな湯あみに再び挑んだ層雲峡温泉ステイでした。

    Restaurant&Cafe Chirai
    住所: 北海道旭川市江丹別町中央121-1
    電話: 0166-76-4747
    営業時間: ランチ 11:00~ (L.o.14:00)
          カフェタイム 14:00~15:00
          ディナー 17:00(L.o.20:00/ディナーは前日までの予約制)
    定休日: 月曜(祝日の場合、火曜日休業)
    ※休業日が変更になる場合があります。詳細は月初めのfacebook投稿などでご確認ください。
    アクセス: 車でJR「旭川駅」より約40分、「層雲峡温泉」より約1時間20分、札幌市内より道央自動車道経由で約2時間
    facebook: https://www.facebook.com/profile.php?id=100063254649237
     

    市之宮直子
    フォトライター・通訳アテンダント
    札幌在住の道産子。道東でのサラリーマン記者生活で北海道の自然・文化の多様性を再発見。3,000件を超える人・企業の取材を経験するも、自然の魅力に抗えず、近年は温泉やグルメ等の取材にも手を染めています。
    湯戸端会議の記事
    View All >>

    #グルメ
    層雲峡温泉から足を延ばして「江丹別・Chirai」の極上フレンチランチ(北海道旭川市)
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #お知らせ
    「温泉総選挙2022」サイトオープン・投票開始!
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #グルメ
    循環のサラダ・温泉で野菜を茹でる
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    市之宮直子さんの記事
    View All >>

    #グルメ
    層雲峡温泉から足を延ばして「江丹別・Chirai」の極上フレンチランチ(北海道旭川市)
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #北海道
    絶景を歩く。「シャコタンブルー」(北海道積丹町 神威岬)
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #ナトリウムー炭酸水素塩泉
    「石狩天然温泉」に香る海辺のバラ(北海道石狩市)
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #グルメの記事
    View All >>

    #グルメ
    層雲峡温泉から足を延ばして「江丹別・Chirai」の極上フレンチランチ(北海道旭川市)
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #グルメ
    循環のサラダ・温泉で野菜を茹でる
    Writer:
    連載: 湯戸端会議

    #グルメ
    うたたね系ぬる湯と松茸づくし
    Writer:
    連載: 温泉ビューティ紀行