素朴なレトロぼくちゃん湯口【瀬波温泉 大和屋旅館】 – 温泉会議
癒しの源「温泉の湯口」。眺めてみると千差万別、ふたつと同じものがない。そんな湯口に魅せられて、ひたすら追いかける「ユグチスト」珠玉の湯口コレクション。

素朴なレトロぼくちゃん湯口【瀬波温泉 大和屋旅館】

ユグチスト/温泉ライター

和顔で坊主な少年が水がめを抱え、湯船に源泉を注いでくれる湯口スタイル。どことなく昭和の郷愁を感じる雰囲気は、昔の白黒映画に出てきそうなお行儀のよい少年の風情ですね。ほっこりします。

瀬波温泉の開湯のきっかけとなった歴史的な旅館

新潟県村上市に湧く瀬波温泉。海沿いに10数軒の旅館やホテルが並び、日本海に沈む夕日が綺麗なロケーションです。開湯は120年近く前の1904年。石油掘削中に温泉が湧き出たという温泉で、源泉井戸は90℃を超える源泉がジュージュー湯けむりを立てながら噴きだしています。そのため、温泉街ごとアブラと硫黄の香りに包まれる、天然のアロマテラピー空間です。

瀬波海岸から見える夕陽

そんな温泉街の高台に、素敵な湯口さんのいらっしゃる「大和屋旅館」が建っています。なんと、瀬波温泉はこちらの宿の初代のご主人が、石油掘削中に掘り当てたもの。開湯とともに残る、歴史的なお宿でもあります。

「瀬波温泉 大和屋旅館」外観

山菜の「コシアブラの天ぷら」が絶品だった

海も山もあり、しかも米どころの新潟県にある旅館。ごはんも楽しみにしていました。
この日の夕食は、名物の塩引き鮭、ヒラマサやエビなどのお刺身、村上牛のステーキ、メガニのみそ汁、地元産のコシヒカリなどなど。それを一品一品作っては出してくれるスタイルで、出来たての温かい料理を味わえます。中でも、初めて食べた「コシアブラの天ぷら」は、美味しすぎて、このために再訪したいと思えるほど衝撃でした。

村上名物「塩引き鮭」
「村上牛」のステーキ
新潟産「コシヒカリ」のご飯と「メガニ」のみそ汁
衝撃の美味しさだった「コシアブラとヤナギガレイ」の天ぷら

コク香る塩化物泉をかけ流し

瀬波温泉の元祖といえる大和屋旅館。お風呂は男女別の内湯があります。それぞれ7、8人は入れそうな大きさの湯船で、長年の源泉の染みこみで色づいたタイルが素敵な空間です。

男湯全景

泉質は、ナトリウム-塩化物泉。源泉は湯温90℃を超えるため、加水こそしていますが、消毒・循環なしのかけ流しです。少し濁りの混じったお湯は、アブラと硫黄のブレンドされた濃厚で重たい香り。一気に吸い込むと、ちょっと気を失いそうになるくらいのインパクトでクセになりそうです。味はうま塩ダシ味にアブラと硫黄の風味を追加。不思議と、ブルーチーズのようなコクと苦みが生まれ、これまたクセになりそう。これでご飯を炊いたり、ラーメン作ったりしたら、絶対美味しいと思います。ツルツルスベスベヌルヌルで、キュッキュする肌触りも、成分の濃厚さを感じさせてくれます。

女湯全景

素朴なレトロ少年の湯口さん

そんな歴史的な源泉を湯船に注いでくれるのは、昭和レトロな少年湯口さん。和顔で坊主な姿で水がめを抱え、楽しそうに湯口の仕事をしています。なんだか昔の白黒映画に出てくる小学生みたいですね。そうそう、小津安二郎の映画に登場するお行儀の良い、わんぱくな子供って感じ。微笑ましい。

昭和レトロな少年湯口さん

ぼくちゃん湯口が可愛くって可愛くって、湯浴みしながら頭を撫でたら、源泉が染みこんで色が濃くなりました。その色合いもオシャレだね。なにげに二重まぶたでパッチリお目目。20年後の成長した姿はきっとイケメンなお兄さんなのでしょう。こびりついた析出物も素敵です。

頭を撫でたら源泉染みこんで色変わりました
女湯には「たぬきの信楽焼」湯口さんがいらっしゃいます

温泉情報

【瀬波温泉 開湯の宿 大和屋旅館】
住所:新潟県村上市瀬波温泉2-5-28
電話:0254-53-2175
URL:https://www.mu-cci.or.jp/co/yamatoya/

泉質:ナトリウム-塩化物泉(低張性 アルカリ性 高温泉)
源泉温度:90.1℃
pH:8.5
湧出量:?ℓ/分(動力)
加水:あり
加温:なし
消毒:なし
利用状況:かけ流し
※訪問時の情報です(2022年5月)

◆ユグチストのInstagram
https://www.instagram.com/onsen_yuguchist/

◆ユグチストのnote
https://note.com/ayumukomatsu13/

◆ユグチストのTwitter
https://mobile.twitter.com/onsen_yuguchist

小松歩
ユグチスト/温泉ライター
東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター★)、温泉入浴指導員、温泉観光実践士。交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床での車中、ヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は2,200以上。好きな温泉は草津温泉、古遠部温泉(青森県)。
湯口を愛でたいの記事
View All >>

#ホテル国富 翠泉閣
析出コーティング壺噴き上げ湯口【姫川温泉 ホテル国富 翠泉閣】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#よしちょう
フルスロットルな焦がしチーズ析出湯口【小浜温泉 よしちょう】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#咲花温泉
ドロドロ壺爆発湯口【咲花温泉 柳水園(男湯)】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

小松歩さんの記事
View All >>

#ホテル国富 翠泉閣
析出コーティング壺噴き上げ湯口【姫川温泉 ホテル国富 翠泉閣】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#よしちょう
フルスロットルな焦がしチーズ析出湯口【小浜温泉 よしちょう】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#咲花温泉
ドロドロ壺爆発湯口【咲花温泉 柳水園(男湯)】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#塩化物泉の記事
View All >>

#塩化物泉
山奥の湯治場で足下湧出だらけの露天巡り【元湯夏油・岩手県】
Writer:
連載: 価値あるひとり温泉

#塩化物泉
森の貸切湯まで徒歩10分、究極の癒しがそこに【銀婚湯・北海道】
Writer:
連載: 価値あるひとり温泉

#塩化物泉
析出コーティング壺噴き上げ湯口【姫川温泉 ホテル国富 翠泉閣】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい