VOL.01 羅臼岳と岩尾別温泉 – 温泉会議
温泉取材歴40年余の筆者のライフワーク「温泉百名山」が4年がかりで完結。2022年10月26日に書籍刊行予定。発売に先駆けて書き切れなかった取材余話をつづります。

VOL.01 羅臼岳と岩尾別温泉

温泉紀行ライター・山と温泉の旅人
知床横断道路の知床峠から望む羅臼岳の雄姿

羅臼岳 標高1661m 日本百名山

羅臼岳は知床半島の最高峰。山麓の知床五湖や知床横断道路の知床峠から望む円錐形の山容は、知床半島の盟主と呼ぶにふさわしい秀麗な姿が印象的だ。

この山に最初に登ったのは、大学でワンダーフォーゲルに入部した1年目、1966年の夏合宿だった。羅臼から海岸沿いを歩き、知床沼から先は登山道の無いハイマツのジャングルをかき分け、知床岬まで1週間を費やす悪戦苦闘の大縦走。世界自然遺産に登録される前は、こんな無謀とも言える山行が許された時代だった。

残雪と高山植物が登山道を彩る大沢の登り
尾根上の交差点の羅臼平から羅臼岳を望む
羅臼平ではここに住み着いているヒグマに遭遇!

それから49年後の2015年夏、羅臼に数日滞在した旅の途中に登った。悪性リンパ腫を患った4年後のことで、いわば本格的な登山に復帰した最初の山である。

360度の大展望が広がる羅臼岳の山頂で

このときはまだ「日本百名山」完登は無論、「温泉百名山」のことなどまったく頭になく、闘病後の体力と気力がどこまで持つかを試すのと、青春の思い出をたどるのが目的の登山だった。

岩尾別温泉

その登山口にあるのが岩尾別温泉である。大学時代の合宿後にここに下山して汗を流したと思うが、2週間に及ぶ合宿終了に安堵したことは覚えていても、温泉に入ったことはまったく記憶にない。

岩尾別温泉は知床半島外れの秘湯という印象だが、実際には一軒宿の「ホテル地の涯」は鉄筋3階建ての近代的な建物なので、そのイメージは覆されるだろう。

秘境の宿とは思えない岩尾別温泉・ホテル地の涯の外観

何度か訪れているが、羅臼岳登山のあと、2017年に突然1年間休業し、廃業が取り沙汰されたが、翌年に経営者が変わって再開された。そこで、「温泉百名山」に取り上げるため、2020年9月の雄阿寒岳遠征の際に確認に行った。

野趣満点の3段になった露天岩風呂(無料)

駐車場外れの斜面に3段になった無料露天風呂「三段の湯」と、少し離れた河畔にこぢんまりとした「滝見風呂」があり、これが人気なのだが、この時は湯が入っていなかった。どうやら給湯の栓を開けるのを失念していたようだ。


広々とした源泉かけ流しの内湯(男湯)

館内の混浴露天風呂に行く通路の途中にあった丸太風呂は撤去されていたが、男女別内湯と混浴の露天岩風呂(湯浴み着貸与になっていた)は変わっていないように思えた。

混浴露天風呂でお約束の「いいゆ!」ポーズ

露天風呂には札幌から羅臼岳登山に来たという先客のカップルがいて、まだ13時過ぎだというのに、もう羅臼岳から下山して来たという。驚くべき健脚である。それが縁で、帰京してからも交流していたが、翌年の夏にも北海道遠征した際、なんとトムラウシ山と十勝岳に同行してくれることになった。しかも有休を追加して5日間も。この出会いがあって、岩尾別温泉は今まで以上に忘れられない温泉になった。

沢沿いに少し歩いたところにある「滝見の湯」(無料)

ただし、懸念材料が発生した。経営を変わった「しれとこ村」は、実は悲惨な遭難事故を起こした知床遊覧船と同じ会社なのだ。賠償金の支払い等で再び売却される可能性大で、今後の動向に注視しなければならなくなった。

岩尾別温泉(いわおべつおんせん)ホテル地の涯

☏0152-24-2331◆泉質=ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉◆源泉温度=63.3度 4月下旬~11月上旬の営業。◆電車/JR釧網本線知床斜里駅からバス50分のウトロ温泉バスターミナル下車、タクシーで20分(送迎あり、要予約)◆車/旭川紋別自動車道遠軽ICから約3時間、女満別空港から約2時間30分

飯出敏夫
温泉紀行ライター・山と温泉の旅人
1947年群馬県生まれ。温泉&温泉宿の取材に特化して40年余。16年に登り残した「日本百名山」41座の完登を決意し、17年に70歳で「日本百名山」完登。翌年からライフワークとして「温泉百名山」選定登山に取り組み、21年秋に目標を達成。22年10月26日に一冊にまとめた著書を発売予定。日本温泉地域学会、日本旅のペンクラブ、温泉達人会会員。温泉達人コレクションhttp://onsen-c.com/ 発信中。
「温泉百名山」取材余話の記事
View All >>

#北海道
VOL.03 雄阿寒岳と阿寒湖温泉
Writer:
連載: 「温泉百名山」取材余話

#北海道
VOL.02 斜里岳と斜里温泉
Writer:
連載: 「温泉百名山」取材余話

#北海道
VOL.01 羅臼岳と岩尾別温泉
Writer:
連載: 「温泉百名山」取材余話

飯出敏夫さんの記事
View All >>

#北海道
VOL.03 雄阿寒岳と阿寒湖温泉
Writer:
連載: 「温泉百名山」取材余話

#北海道
VOL.02 斜里岳と斜里温泉
Writer:
連載: 「温泉百名山」取材余話

#北海道
VOL.01 羅臼岳と岩尾別温泉
Writer:
連載: 「温泉百名山」取材余話

#北海道の記事
View All >>

#北海道
絶景を歩く。「シャコタンブルー」(北海道積丹町 神威岬)
Writer:
連載: 湯戸端会議

#北海道
日本最北の秘境「とよとみ温泉」の豊富な〇〇
Writer:
連載: 湯戸端会議

#北海道
「石狩天然温泉」に香る海辺のバラ(北海道石狩市)
Writer:
連載: 湯戸端会議