4代目が営む鳴子のゲートウェイ的カフェ「YON」の熱い想いを聞く – 温泉会議
連載:
北の湯から南の湯から。日本全国の温泉を繋ぐ「湯戸端会議室」。温泉に浸って地元のレアな話が聞きたくなったら、この場所へお立ち寄りください。

4代目が営む鳴子のゲートウェイ的カフェ「YON」の熱い想いを聞く

温泉会議事務局長

東鳴子温泉に来ています。

鳴子御殿湯駅の前の、栗だんごやなるまんで有名なお菓子屋さん「なるみ」の一角にオープンしたのがカフェ「YON」。

おいしいコーヒーやサワーなどを提供されています。鳴子御殿湯にはこうしたカフェがなかったので待ってました!という感じです。このカフェを作ったなるみ4代目の遊佐和広さんにお話を聞きました。

YONに込めた想いは、4代目であることに加え、Your Our Narukoの頭文字を取ったとか。「みんなで鳴子を語り、単に泊まって帰るだけではなく、鳴子へ来た方にいろんな場所を巡って帰っていただけるよう案内する場所にしたい」と遊佐さんは言います。

ロゴは温泉地鳴子のお湯の波を表現したり、丸みを持たせたり、Oの文字をこけしの頭に見えるようにデザインしたりと、こだわりがいっぱい。

お店でハンドドリップしてくれるコーヒーは、仙台のコーヒー有名店デアストアとのコラボ。お店のためにブレンド、焙煎された8種類の豆の中から厳選したお豆をお店では使用。コーヒーの淹れ方もデアストア直伝のもので、お店のフードやスイーツも一緒に考えたそうです。

私はお店で買ったできたてフワッフワの大栗だんごとアイスコーヒーをいただきました。おいしくておいしくて写真を撮り忘れました。

コーヒー豆のみならず、様々な品が販売されています。

鳴子のお宿の浴衣で使う反物を用いたハンカチや手ぬぐい。

こけしちゃんが入ったハーバリウム

4代目が栃木に住んでいた時に出会いファンになったという益子焼のコーヒーカップ。

お店とカフェ空間を仕切る手ぬぐいの使い方も粋です。

鳴子に新たな風が吹き、ますます面白い場所になっていく。そんな気がする鳴子のゲートウェイともいえるカフェでした。

YON

宮城県大崎市鳴子温泉鷲の巣87-2

0229-83-2362

https://yon947.com/

しろじゅん
温泉会議事務局長
普段は企業勤めをしつつ、休日は湯巡りと日本酒を愛す。そして平日は2013年からほぼ週1で都内の朝ごはんスポットを巡り、朝活情報サイト「朝時間.jp」にて「東京ソトアサごはん会のおいしい食べある記」を連載。2022年3月時点で訪れた都内の朝ごはんスポットは284。温泉会議では温泉宿の朝ごはんを中心に綴る。
湯戸端会議の記事
View All >>

#ナトリウム-塩化物冷鉱泉
ミネラルたっぷり。潮騒とローカルグルメな「晩成温泉」(北海道大樹町)
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ぬる湯
藤村の間とぬる湯と鯉料理「田沢温泉ますや旅館」
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ナトリウムー炭酸水素塩泉
「湯かご」を編んできました
Writer:
連載: 湯戸端会議

しろじゅんさんの記事
View All >>

#ナトリウムー炭酸水素塩泉
「湯かご」を編んできました
Writer:
連載: 湯戸端会議

#お土産
4代目が営む鳴子のゲートウェイ的カフェ「YON」の熱い想いを聞く
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ナトリウムー塩化物•炭酸水素塩泉
極上花火ディナー!里山十帖主催の柏崎花火大会鑑賞ツアーへ
Writer:
連載: 湯戸端会議

#お土産の記事
View All >>

#お土産
4代目が営む鳴子のゲートウェイ的カフェ「YON」の熱い想いを聞く
Writer:
連載: 湯戸端会議

#お土産
北海道積丹町発、忘れがたい”とろみ”の湯と、自然を味わうお土産。「岬の湯しゃこたん」
Writer:
連載: 湯戸端会議

#お土産
北海道・層雲峡温泉温泉、ホテル大雪「Taisetsu Bakery Cafe & Bar」の北海道産小麦・ライ麦焼き立てパン!
Writer:
連載: 湯戸端会議