湯船の真横で湧く極上ぬる湯。湯岐温泉「和泉屋旅館」 – 温泉会議
連載:
北の湯から南の湯から。日本全国の温泉を繋ぐ「湯戸端会議室」。温泉に浸って地元のレアな話が聞きたくなったら、この場所へお立ち寄りください。

湯船の真横で湧く極上ぬる湯。湯岐温泉「和泉屋旅館」

温泉と旅のライター

福島県塙町にある湯岐温泉。「ゆじまたおんせん」と読みます。

福島ですが茨城との県境に近く、私の住んでいる栃木の県央部からは2時間と少し。東京方面からは栃木経由でも福島経由でも下道の距離が長く、少し遠く感じる場所かもしれません。

湯岐の由来は、源泉が2か所から分かれて湧いていることから来ています。現在2軒の宿が残っていて、歴史ある1つ目の源泉の岩風呂は「山形屋旅館」に、2つ目の源泉の「鹿の湯」は「和泉屋旅館」にあります。どちらも花崗岩の割れ目から自噴する温泉です。

どちらに泊まるか迷いましたが、今回は名湯と名高い「鹿の湯」に心ゆくまで浸かりたくて、ぬる湯が恋しくなる梅雨のある日、和泉屋旅館に出かけました。

静寂に癒される湯治宿

不動滝

もうすぐ湯岐温泉というところで道路脇に突然現れた「不動滝」。梅雨のジメジメ感を吹き飛ばす清涼感のある風景に迎えられました。

車1台がやっと通れる坂道を登ると、ほどなくして「和泉屋旅館」がありました。そのまま坂道を進むと、もうひとつの旅館「山形屋」があります。

二間続きの客室

客室は予約していた部屋よりも少し広い部屋にご案内いただきました。ドアを開けるとまずは6畳の居間。2方向の窓から周囲の緑が飛び込んできます。

隣にもうひとつ8畳間があり、あらかじめ布団が敷かれていました。元は別々だった部屋をつなげたような造り。寝室側の入口だった場所にトイレと洗面がありました。

清らかな湯があふれる「鹿の湯」へ

混浴の「鹿の湯」

和泉屋旅館のメインの浴場「鹿の湯」。混浴ですが、女性専用時間(この日は16時~17時と20時~21時の2回)が設けられていて、その時間をめがけて入浴しました。

大きいほうの湯船が「鹿の湯」源泉。小さいほうは、もうひとつの男女別の内湯「八幡の湯」でも使われているボーリング泉が上がり湯として注がれています。

奥の湯桝の中にある花崗岩の割れ目から湧いたばかりの湯が大きな湯船のほうに注がれています。人が入ってあふれてもすぐに湯が満たされるほど湯量は多く、常に湧きたてのピュアな湯に包まれている感じがたまりません。

湯温は震災以降に少し上がったとのことですが、チェックイン前にt立ち寄りで入った山形屋旅館の岩風呂よりもぬるく(38度ぐらい?)、長く浸かっていられる感じでした。そして夜のほうがさらにぬるく感じます。

ぬる湯にしては熱めなので、紅葉の時期や初冬に訪れるのもいいのではないかと思いました。

「八幡の湯」の女湯

こちらは男女別の「八幡の湯」。元は混浴だったのが、真ん中で仕切られていますが、浴槽はひとつでお湯が中でつながっています。鹿の湯よりは温かいがこちらもぬるめ。

海山の幸を取り入れた田舎料理

個室の食事処

食事は1組ごとに個室が与えられ、朝夕ともそちらでいただきます。元は客室だったのかな?というお部屋です。一人旅でも個室となるので、人目が気にならずいいですね。

夕食は、ふきの煮物、じゃがいもの小芋を丸ごと煮たもの、梅の蜜煮など、素朴でお酒の進むような料理が少しずつ小鉢にのせられています。メヒカリとユキノシタの天ぷらなどが後から運ばれてきました。

通常プランにプラス1000円のステーキプランでは、地元塙町産のはなわ牛のステーキが登場。これで1人前!?と正直驚きましたが、脂がさらりとして、美味しいお肉でした。

朝食では、プラス250円で釜炊きごはんを用意してくれます。お米は直接農家さんから仕入れる郡山市のブランド米「あさか舞」。時間に合わせて炊き上がるように準備してくれていて、うっすらとおこげもできたふっくらごはんは、もうこれがメインディッシュではと思えるほど美味しかったです。

神経をゆるめる湯

玄関には昭和25年の温泉分析書が掲示されていました。適応症の項には、不眠症、脳溢血後の半身不随などとあります。湯岐温泉は古来「中風(脳卒中)の湯」として知られ、江戸時代後期の水戸藩士で儒学者の藤田東湖も中風の療養でこの地を訪れていたそうです。

いつも宿に泊まってもやけに早く目覚めてしまったりするのですが、この日は普段よりも深く眠れたような気がします。神経に作用する湯岐の湯にゆっくり浸かったおかげでしょうかね。

湯岐温泉 和泉屋旅館

福島県東白川郡塙町湯岐17

https://yujimata-izumiya.net/

野水 綾乃
温泉と旅のライター
栃木県を拠点に活動する温泉と旅のライター。古くからの湯治場や歴史を感じさせる温泉宿が好き。ひとりで泊まれる格安宿の魅力を発信。二ツ星温泉ソムリエ、温泉入浴指導員、塩原温泉まちめぐり案内人。
湯戸端会議の記事
View All >>

#ラジウム100%
お花見温泉@村杉温泉 長生館
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ナトリウム-塩化物冷鉱泉
ミネラルたっぷり。潮騒とローカルグルメな「晩成温泉」(北海道大樹町)
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ぬる湯
藤村の間とぬる湯と鯉料理「田沢温泉ますや旅館」
Writer:
連載: 湯戸端会議

野水 綾乃さんの記事
View All >>

#ひとり旅
森の貸切湯まで徒歩10分、究極の癒しがそこに【銀婚湯・北海道】
Writer:
連載: 価値あるひとり温泉

#オープン
湯煙包む温泉街を歩いて貸切風呂へ【熱川温泉みはるや】
Writer:
連載: 価値あるひとり温泉

#ぬる湯
藤村の間とぬる湯と鯉料理「田沢温泉ますや旅館」
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ぬる湯の記事
View All >>

#ぬる湯
藤村の間とぬる湯と鯉料理「田沢温泉ますや旅館」
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ぬる湯
湯船の真横で湧く極上ぬる湯。湯岐温泉「和泉屋旅館」
Writer:
連載: 湯戸端会議

#ぬる湯
農家が営む極上空間で、つやっつやごはんの朝ごはん【山ふところの宿みやま】
Writer:
連載: 大好き!お宿の朝ごはん