楠本浩史 – 温泉会議
楠本浩史
兵庫県神戸市有馬温泉近くの出身。平成18年環境省入省。平成25年より通算6年間、環境省自然環境局において温泉保護係長ほかとして温泉行政に従事。 温泉法の解釈のみならず、「温泉×〇〇」の掛け算によって創られる「温泉地の多様性」「ローカルな取組こそが最先端」をモットーに「新・湯治」といった考え方を提案。現在は、環境省の20%ルールを活用して全国の温泉地の活性化について妄想中。

#温泉分析書
温泉法第18条・温泉成分分析表
Writer:
連載: 温泉日々雑感

#Mr.K
温泉法は、法律の世界ではちょっと偉い。
Writer:
連載: 温泉日々雑感