コッテリベッタリモリモリ析出の鍾乳洞湯口【濁河温泉 朝日荘】 – 温泉会議
癒しの源「温泉の湯口」。眺めてみると千差万別、ふたつと同じものがない。そんな湯口に魅せられて、ひたすら追いかける「ユグチスト」珠玉の湯口コレクション。

コッテリベッタリモリモリ析出の鍾乳洞湯口【濁河温泉 朝日荘】

ユグチスト/温泉ライター

湯口さんを覆うように成長してくれた析出物。お湯の出口をどんどん塞ぎこみ、侵食しているような猛烈な勢いを感じます。湯口さんの下にはツルツルな析出コーティングが施され、全体が鍾乳洞のような圧巻の絶景を作り出してくれています。萌え。

標高1800メートルの高所に湧く秘湯感たっぷりな宿

岐阜県下呂市に湧く濁河温泉は、現在数軒の宿が営業している小さな温泉地。標高1800メートルの高地かつ、かなりの山奥にある秘境的な温泉です。道中は車がすれ違えないくらいの狭かったり、ガードレールもない断崖絶壁だったり、温泉へ行くだけでもアドベンチャー感をたっぷり味わえます。対向車が来るだけでも、とても冷や冷やしました。
そんな別世界にたたずむ「朝日荘」は、約10年前にリニューアルされたばかりの新しくて綺麗な旅館です。ここまでのアクセスが割と過酷なため、到着した瞬間の安心感は格別です。

「濁河温泉 朝日荘」外観

自家源泉のにごり湯が惜しげもなくかけ流し

朝日荘のお風呂は、男女別の大浴場(内湯、露天風呂)と、貸切風呂(内湯、露天風呂)があります。貸切は濁河温泉の共同源泉を使用し、大浴場はなんと宿の「自家源泉」を注ぎ込んでいます。

「内湯」全景

大浴場で楽しめる自家源泉の泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。もちろん、加水、加温、循環、消毒なしの「完全かけ流し」です。
緑、黄、茶が絶妙にブレンドされた「うぐいす色」ににごり湯で、硫黄と金気、土、炭酸感が混ざり合う深いテクニカルな香りにノックアウトされそうになります。飲んでみると、鉄の風味が効いた塩ダシ味に甘さを足して、ほんのり炙ったようなコクとミネラルを感じる味わい。カツオ、シイタケ、昆布など、さまざまな素材でとったダシを使った無添加のみそ汁のような、五臓六腑にしみわたる美味しさでした。

「露天風呂」全景

肌触りは、ツルツルの奥にキシキシと引っかかり、さらにプルっと抱き込まれる浴感。源泉が色んな角度から攻めてくれる楽しい湯浴みを堪能できます。

「貸切の露天風呂」全景

析出物に侵食され始めた鍾乳洞析出の湯口さん

そんな自家源泉を扱う内湯の湯口さんは、コッテリとベッタリと析出物に覆われています。元々はスレンダーな木枠のお姿だったのでしょう。横長の湯道は、今やコテコテのモリモリな析出物に侵食され、3割程度まで塞がれてしまっています。でもそれが素敵。ぷっくりと盛り上がった白と茶の析出さんは、ピチピチの女子高生のような若さと勢いがあり、微笑ましいですね。

スマートな木箱湯口さんには析出物が驚異的なスピードで大増殖

湯口さんの下は、ツルツルに磨かれたような析出コーティングが神秘的です。全体が「鍾乳洞」みたいな自然の圧倒的な力を目の当たりにした絶景。露天に行けば、山の緑と高原のさわやかな風を感じられる景色が広がっていますが、私には内湯の湯口さんの方が何十倍も絶景でした。この見た目、お湯の香りと流れる音、そして直接触れることもできる。萌え。素敵すぎて悶絶してしまいそうでした。奇跡の風景をありがとうございます。

どんな露天風呂の景色よりも絶景がここにありました

温泉情報

【濁河温泉 朝日荘】
住所:岐阜県下呂市小坂町落合2383
電話:0576-62-3528
URL:https://asahisou.com/

泉質:【自家源泉】ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(低張性 中性 高温泉)
    【共同源泉】ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(低張性 中性 高温泉)
源泉温度:53.1、54.0℃
pH:6.72、6.5
湧出量:250、759ℓ/分(動力、自然湧出)
加水:なし
加温:なし
消毒:なし
利用状況:完全かけ流し
※訪問時の情報です(2019年8月)

◆ユグチストのInstagram
https://www.instagram.com/onsen_yuguchist/

◆ユグチストのnote
https://note.com/ayumukomatsu13/

◆ユグチストのTwitter
https://mobile.twitter.com/onsen_yuguchist

小松歩
ユグチスト/温泉ライター
東京生まれ。温泉ソムリエ(マスター★)、温泉入浴指導員、温泉観光実践士。交通事故の後遺症のリハビリで湯治を体験し、温泉に目覚める(知床での車中、ヒグマに衝突し頚椎骨折)。現在、総入湯数は2,200以上。好きな温泉は草津温泉、古遠部温泉(青森県)。
湯口を愛でたいの記事
View All >>

#塩化物泉
滝のようにドバドババシャバシャ湯量な男前湯口【山梨県 玉川温泉】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#旅の宿斉川
メルヘンな陶磁器カリフラワー湯口【板留温泉 斉川(貸切風呂)】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#旅の宿斉川
こんがりきつね色の「鶏の唐揚げ」湯口【板留温泉 斉川(大浴場)】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

小松歩さんの記事
View All >>

#塩化物泉
滝のようにドバドババシャバシャ湯量な男前湯口【山梨県 玉川温泉】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#旅の宿斉川
メルヘンな陶磁器カリフラワー湯口【板留温泉 斉川(貸切風呂)】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#旅の宿斉川
こんがりきつね色の「鶏の唐揚げ」湯口【板留温泉 斉川(大浴場)】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい

#岐阜県の記事
View All >>

#岐阜県
コッテリベッタリモリモリ析出の鍾乳洞湯口【濁河温泉 朝日荘】
Writer:
連載: 湯口を愛でたい