内田彩 – 温泉会議
内田彩
大学教員
東京都出身、大学教員。卒業論文で『古代の湯』をテーマにしてから温泉研究の道へ。博士論文は『近世後期における温泉地への旅と滞在生活に関する研究』。現在は温泉の温故知新をテーマに、温泉地の歴史や文化をひも解きながら、地域の活性化に貢献できないか思案中。

#天泉人語
「湯治」は古いか? 新しいか?
Writer:
連載: 天泉人語